マンション監査

社会のため・将来の世代のために、今、「マンション管理士」がすべきこと、それがマンション監査です。

マンションにお住まいの方は色々なお悩みをお持ちです。ただ何が重要で、何が緊急度の高い問題なのか、第三者的な視点で教えてくれる人がいません。

とても親切だと思ったマンション販売会社(売主)も、管理組合の組合員となった後のフォローはほとんどなし。頼みの管理会社が必要以上に頑張るのは、修繕などのお金を使うことや、専有部分へのサービスだったり。そのような中、組合員の方々の中には、なかなか他のメンバーと意見が合わない方もいて、全体の意思がまとまらないこともしばしば見受けられます。

マンションの真の問題は、多様な所有者の様々な状態の方の権利や生活がある一時点・一定点に集約されているためにその意見の統合(合意形成)に時間がかかるということ。その主体となる理事会のメンバーに専門的知識や活動のための十分な時間がないという問題なのです。

 

現在の支出を見直し、無断な支出を減らすのが重要

しかしながら、組合員間の合意形成に時間がかかるからといって、自分たちの大事な共有財産であるマンションに十分なケアをしないで放置すれば、なおその財産価値が下がっていき、結果的にみんなが損をしている結果になってしまいます。

積立金の拠出もまた同じです。出し合うお金が多くなれば辛くなるのは皆同じです。

しかし、必要な資金を正確に算定し、計画的に備え、健全な維持・管理をしなければ、どのみち将来には大きなつけとなって帰ってくるのです。

お金は出し合うばかりが大事なことではありません。節約することも重要な要素です。現在の支出を見直すことで無駄な支出を減らし、必要経費も効率よく支出することを心がけることです。

 

マンション夢設計は、マンション管理組合運営の活性化・健全化を提案します。

そのためには何が必要なのでしょうか?
マンション夢設計の提案は、マンション管理組合運営の活性化・健全化です。

建物を長きにわたって安全・快適に使えるために必要な管理運営、それを担う主体は管理組合でしかありません。その管理組合に望まれる必要な機能をサポートするのがマンション夢設計の使命だと考えております。それぞれのマンション管理組合の実態に併せて、足りない部分、補う部分をマンション夢設計がサポートし、マンションがより良好な状態へ向かうお手伝いをいたします。
マンション夢設計の「マンション監査」は、マンションの生命を長くそして輝かせるために、いかにしてその財政基盤を強固にしているか、マンション管理組合が十分に機能しているかを国家資格者であるマンション管理士が第三者的な独立した立場で、調査し管理組合にご報告いたします。

 

こんな管理組合の皆さんにお勧めの「マンション監査」です。

○管理組合の運営の改革が必用なことはわかっているが、どう進めてよいのかわからない。○自分たちの組合運営で間違っていないのか○理事会の運営の適正性を、他の組合員に周知したい○組合運営の適正性を外部にアピールしたい(売却する際のアピールポイント)など

これがマンション夢設計が提案するマンション監査です。

 

【夢設計の業務】

1.マンション会計監査

【調査内容例】

① 管理費、修繕積立金の適正な分別管理確認

② 資金の管理・運営状態についての調査

③ 管理費・修繕積立金の使途及び関係書類の調査

④ 適正な会計報告の実施状況調査

 

2.管理組合運営業務監査

【調査内容例】

① 管理組合運営の実態調査

② 各種法令とのコンプライアンス調査

③ 管理規約の整合性チェック

④ 義務違反者等対する対応調査

⑤ 管理業者の業務遂行チェック

⑥ 管理組合員へのアンケート

 

3.建物等の維持管理に関する監査

【調査内容例】

① 長期修繕計画診断

② 修繕記録等の維持・整備状況調査

③ 建物診断

 

管理組合運営の簡易総合診断

1と2の内容について、各種書類の範囲で調査いたします。調査期間:約1か月

 

管理組合運営の詳細総合診断

1・2・3の内容について、各種書類調査と現地の調査を行います。

【調査に必要な書類等】

管理組合の皆様が、何を目的としてマンション監査を利用したいかにより、調査の範囲や内容が異なってきます。お見積りをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

○調査対象として、ご提出をお願いする書類の一例です。

管理規約、総会資料、会計資料、議事録、管理委託契約書、長期修繕計画、修繕履歴書類、大規模修繕の図書・・・など